ジクロフェナク na。 ジクロフェナクNa錠25mg「サワイ」

副作用のリスクを減らすため、使用は必要最小限にとどめ、漫然と長期間・大量に服用しないように注意が必要なお薬になります。

ジクロフェナクSRカプセル(ゆっくり長く効くように工夫された剤型)• 痛みや発熱の原因を解決するわけではない• 肝障害• 熱感 (熱くなる)• ] 重篤な肝障害(劇症肝炎、広範な肝壊死等)(頻度不明) 急性脳症(頻度不明)(特に、かぜ様症状に引き続き、激しい嘔吐、意識障害、痙攣等の異常が認められた場合には、ライ症候群の可能性を考慮すること) 横紋筋融解症(急激な腎機能悪化を伴うことがある)(症状:筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇等)(頻度不明) 脳血管障害(頻度不明) その他の副作用 頻度不明 消化器 食欲不振、悪心・嘔吐、胃痛、腹痛、下痢、口内炎、消化性潰瘍、胃腸出血、口渇、便秘、吐血、下血、小腸・大腸の潰瘍、出血性大腸炎、クローン病又は潰瘍性大腸炎の悪化、膵炎、食道障害、胃炎 血液 貧血、出血傾向、血小板機能低下(出血時間の延長) 肝臓 黄疸、肝障害、AST(GOT)・ALT(GPT)上昇 皮膚 そう痒症、光線過敏症、多形紅斑、紫斑 過敏症 発疹、蕁麻疹、顔面浮腫、喘息発作、アレルギー性紫斑、血管浮腫 精神神経系 頭痛、眠気、めまい、不眠、しびれ、神経過敏、振戦、錯乱、幻覚、痙攣、抑うつ、不安、記憶障害 感覚器 視覚異常(霧視等)、耳鳴、味覚障害、聴覚障害 循環器 血圧上昇、血圧低下、動悸、頻脈 その他 浮腫、全身けん怠感、発汗、脱毛、発熱、胸痛、血管炎 高齢者への投与. 1 ~ 62))。

ウイルス性疾患の小児• 重篤な腎障害のある患者[急性腎不全、ネフローゼ症候群等の副作用を発現することがある。

インフルエンザの小児• トリレテンを投与中の方(併用で急性腎不全が現れる事がある) また、NSAIDsは喘息を誘発する危険があるため、できる限り喘息の患者さんには投与しない方が良いでしょう。

腱鞘炎の鎮痛• 歯痛の消炎• ジクロフェナクにはさまざまな剤形の薬がありますが、処方薬と市販薬では扱われている剤形が異なります。

対症療法が悪い治療法だということはありませんが、対症療法だけで終わってしまうのは良い治療とは言えません。

またジクロフェナクナトリウム錠は効果が強い分、副作用も強くなるという点があります。

関節リウマチは、関節などを中心に炎症が起きる自己免疫疾患です。

55

また定期的ではなく、手術後の疼痛や発熱などの頓服として使用する場合は、1回1錠を頓用します。

非ステロイド性消炎鎮痛剤等により誘発される喘息発作• ジクロフェナクNaローション1%「ラクール」 小児等に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。

またアスピリン喘息は、喘息の中でもかなり特殊な病態です。

アスピリン 消化器系の副作用を増強させるおそれがある。

ジクロフェナクナトリウム錠の特徴は、NSAIDsの中で効果が最強クラスという点です。

75