補給 統制 本部。 【退役】福田和彦(補給統制本部副本部長・陸将補)|第30期・陸上自衛隊

情報処理部• では最後に、その福田と同期である30期組の人事の動向について見てみたい。
その誇りある自衛官生活とご実績に心からの敬意と感謝を申しあげます 『官報(平成25年 号外 第166号)』 国立印刷局、27頁、2013年7月31日
(昭和32年):需給統制隊が新編() (平成25年)8月1日:を廃止• 2017年10月15日閲覧
【主な内容】 大規模災害の際、陸上自衛隊補給統制本部需品部がコカ・コーラボトラー各社(注1)に対して物資の供給の協力を要請することができるものとする 1 陸士58期 航空自衛隊補給統制処長 退職 2 川口 豊 1982. 福田については、後方支援系の最高幹部として既にあらゆる要職を歴任し、これ以上の上のポストとなったら補給統制本部長くらいしか残されていない状況だ
2007年(平成19年)に、本駐屯地は、協力による功績により、から金色有功章及び日本赤十字社東京支部長から感謝状を受賞した 航空機部:航空機、航空機のエンジン及び航空機の支援器材等が担当• 実は山内は、防衛大学校在学中に相撲部に在籍しており、第9回全国学生相撲個人体重別選手権大会(1984年)で優勝を果たしたほどの猛者であるからだ
前職は陸上自衛隊関東補給処長兼ねて霞ヶ浦駐屯地司令であった 2017年から始まった陸自大改革と、それに伴う組織変更、戦術思想の転換に伴うものだ
第316基地通信中隊• そういった意味では、早期に沖縄にも補給処を設置し、国防体制を拡充してもって抑止力の向上に務めるべきではないだろうか ( )は陸将昇任時期
(画像提供:) (画像提供:) 2020年8月、長きに渡り文字通り「縁の下」から国防を支え続けた自衛官が一人、静かに自衛隊を去った 弾薬が届かなければ、100発100中の銃の名手でもただ黙って身を隠すしか為す術はない
13
第126地区警務隊• 3. 要請の範囲 ファミリーマートは陸上自衛隊補給統制本部需品部から要請があった場合、対応可能な範囲において協力するものとする 医務官• 通信電子部:航空機に搭載する電子機器、警戒管制レーダー、気象レーダーをはじめとする各種通信電子器材、写真器材等が担当• これはもちろん、山内自身に警務職の素養があったことに依るものではあると思うが、一方で別の要因があるかもしれない
戦力・兵種の選択と集中が進んだために、部隊の機動力と兵站が戦闘の帰趨をより直接決定づける存在になったためだ 17 海機48期 航空自衛隊第3補給処長 7 小川英人 1975. 30 防大21期 技術研究本部技術開発官 (航空機担当) 退職 21 吉岡秀之 2012. :()• このように、陸自大改革を裏から支え、そして戦闘思想に命を吹き込むのが、福田の役割であった
需品部:車両、電源、被服、救命装備品、衛生、燃料及び一般用品等が担当• 情報処理部• これは、これら島々に基地があるからではない 監理監察官• 30 21期 需給統制隊設立準備委員長 研究部研究部員第2研究室長 2 白川 次 1958. 艦船・武器部の弾薬課が「弾薬部」に昇格し、その下に「弾薬計画課」、「弾薬整備補給課」、「検査官」が置かれる
艦船・武器部• そのような時代に、まさにその2017年の3月から関東補給処長を 情報処理部• 25 防大22期 海上自衛隊第3術科学校長 司令官 10 槻木新二 2012. ただでさえ、我が国の防衛構想は軽武装の自衛隊による初期戦闘、それに加えて日米同盟による米軍のバックアップという戦略から成り立っている
そして、ありがとうございました (2020年10月7日 最終更新) ーーーー 以下は、在職時に更新していた記事のアーカイブです ーーーー 2019年3月現在、我が国の兵站の中枢である陸上自衛隊補給統制本部で、副本部長の要職にある福田だ
それら重責から解放され、今は静かに、積年の疲れを癒やしている頃ではないだろうか システム・ネットワーク運営隊• 組織編成 [編集 ]• 装備計画部• 3 防大25期 海上幕僚監部人事教育部長 海上幕僚副長 12 2015. (2020年11月1日 最終更新) ーーーー 以下は、ご在職時に更新していた記事のアーカイブです ーーーー 2019年10月現在、陸上自衛隊補給統制本部長兼ねて十条駐屯地司令を務める山内だ
1 防大4期 技術開発官 (航空機担当) 退官後 10 横澤彰夫 1994. 1 陸士59期 航空自衛隊第3補給処長 3 後藤 彰 1983. 尖閣周辺で有事が発生すれば、必然的に宮古島や石垣島も、これら島嶼部への橋頭堡として機能することを阻止するべく、中国人民解放軍は攻撃を仕掛けてくるだろう 沿革 [ ]• 19 防大28期 プロジェクト管理部 プロジェクト管理総括官 防衛装備庁長官官房装備官 14 大島孝二 2017. 25 防大19期 技術研究本部技術開発官 (陸上担当) 9 安部隆志 2010. 化学部• その職責は極めて重く、困難な任務であったことは想像に難くない
福田陸将補、本当に長い間お疲れさまでした 1等陸佐に昇ったのが平成17年1月だったので、30期組1選抜(1番乗り)となるスピード出世だ
所在機関(防衛省本省) [ ] 地方支分部局 [ ]• 武装した部隊が入れば攻撃を加えた後に侵攻し占領するだけである 支処(東北町・高蔵寺・木更津) 主要幹部 [ ] 官職名 階級 氏名 補職発令日 前職 航空自衛隊補給本部長 西谷浩一 2020年 08月25日 司令官 副本部長 佐藤幸喜 2019年 04月 01日 司令 総務部長 平井勇一郎 2020年 06月17日 防衛部施設課長 計画部長 1等空佐 佐川浩彦 2020年10月11日 首席後方補給官付 後方補給官 航空機部長 1等空佐 楢崎昇 2021年 04月16日 航空幕僚監部装備計画部装備課 装備調整官 武器弾薬部長 1等空佐 黒子一也 2020年 02月26日 資材計画部長 通信電子部長 1等空佐 谷川修 2021年 04月16日 整備補給群司令 需品部長 1等空佐 吉田行宏 2019年 09月13日 整備補給群司令 情報処理部長 1等空佐 村田稔晃 2019年12月20日 司令部装備部長 技術課長 米田竜一 2018年 06月23日 航空自衛隊 誘導武器開発実験隊長 監理監察官 1等空佐 大森太郎 2020年 02月26日 航空幕僚監部会計監査室長 法務官 事務官 原井啓雄 0000年 00月 00日 医務官 2等空佐 大久保雅江 2020年11月30日 歴代の航空自衛隊補給本部長 特記ない限り空将・4号、前身を含む) 代 氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考 資材統制隊司令(空将補) 1 藤原一郎 1959. 前職は関西補給処長兼宇治駐屯地司令であった