アニステ。 アニ☆ステ|バラエティ|TOKYO MX

野球盤54時間耐久試合 企画:野球盤54時間耐久試合(詳細は『』の項を参照) 2005年 [ ]• リスナーから「 かねやん」と呼ばれるほどの存在感を出していた 生放送ではなく録音()でありながら番組収録中にカウントダウンを跨ぐように組まれ、後日その様子が放送された(12月31日23:10 - 1月1日0:10)
This Week Anisong TOP10• 2004年7月に本社編成部に異動となるが、その後も時折イベントに顔を出すことがあった アニソンダンスショーケース• 外部リンク [ ]• 2017年4月6日に及び海外で放送開始
出演者は、春宮亜蘭役の 石渡真修、夏月雫役の 上仁樹、寿秋誉役の 田中晃平、冬弥要役の 白石康介 1997年6月2日(月) - 8日(日) 「浪花とお江戸で生放送
結果はラジオ大阪の『國府田マリ子のGM』が1位 5月 - 「」• のダウンロード数を基本とし、、やといった動画サイト、USENや番組へのリクエスト数等を考慮したランキング
また、同年9月の以降新規番組が一切なく 、翌10月には生放送番組の収録番組への変更による東京支社から直接の放送終了(東京支社は収録を行うのみ)となった 2006年12月15日(金) - 17日(日) Vステ冬の陣06 サンキュー! 私の好きなアニラジ選抜」 ラジオ大阪の番組に限らず、声優雑誌に載せられている「アニラジ」全体が対象で、投票の動向によっては他局の宣伝になる恐れさえある企画であった
19
2001年6月16日(土)・17日(日) Vステ夏の 丼 日本のアニラジをお楽しみ頂く2週間の特別企画で、Vステ枠の番組のパーソナリティを総入れ替えして放送した 世界新記録Vステ国際女子マラソン〜 各番組の女性パーソナリティーがでのコースをコスプレし走る
これが、三重野瞳が外回り中継の象徴になるきっかけとなる 2015年12月23日、24日には念願の国立代々木第一体育館での単独2Daysライブを開催
ただし、23:00以降は管理上の理由で観覧不可 番組核となる音楽ランキング
』の公開録音を兼ねたカウントダウンイベント リョウガ() 主なコーナー [ ]• この期間は、月曜未明(日曜深夜)もオールナイトで5時(末期は4:30)まで放送する
概要 [ ] 地上波テレビ初となる、アニメソング専門の形式の音楽番組 2003年12月13日(土)・14日(日) Vステ冬の陣03 サイクリングサイクリングヤッホー! (当番組のコーナーの1つであったアニソンランキングは、番組終了後もこちらで継続している)• 1999年1月3日(日) うさぴょこ新年会 岩田光央と飯塚雅弓がDJを務めた
3月 - 「」• 2021年7月20日(火)~7月22日(木・祝)赤羽ReNY alphaにて「アニドルカラーズ」の舞台版『アニドルカラーズ キュアステージ』に登場するClarity(クラリティ)の初の単独ミニライブ公演となる、 『Clarity Showcase Live -Chapter0-』を開催することが発表された その翌週の年越し番組に関しても週末に当たる場合は当該ゾーンの番組出演者が担うことがほとんどである(2016年末 など)
以前は2:00からはCMなしで放送し、番組終了後はそのままをはさんで次の番組が始まるため、放送終了・開始時に挿入されるは流れなかった なお、MXでは2018年7月から9月の間も休止していた
同年3月に逝去されたのリーダーを偲び、ザ・ドリフターズののパロディとして企画された 18日 ()• 2005年12月5日(月) - 18日(日) 1314 V-STATION 大満開ウィーク! 10月 - 「スターティングブルー」• 自分達との旅行をすっぽかしただけでなく、自分はハワイ旅行に行こうとしている浩司に、ますます怒りの度合いを強めるヨーコ
全員集合」 初の2日間にわたる生放送特番 2005年12月31日(土)・2006年1月1日(日) Vステ カウントダウンイベント 会場:大阪京橋・松下IMPホール 放送:12月31日23:30 - 1月1日0:30(生中継) 出演:岩田光央、鈴村健一、石川英郎、浪川大輔、三重野瞳 年越し蕎麦を作るという、まるでラジオ向きではない企画も行われた
番組側は当初公式サイトで「諸事情により休止」としており、放送再開の可能性も匂わせたが、その後公式サイトやmoraの特設ページが相次いで削除されたため再開は白紙状態となっている カフェ『Rainy Color』を舞台に、頑張る女の子たちを描くハートフルストーリー!とあるのどかな日
26