古田 肇。 古田肇の評判は微妙?娘が3人の経歴が凄いが知事選続投なるか?

しかし、17日間の戦いで、現職の知名度に打ち勝つほどまでは有権者に浸透しませんでした 55年ぶりの「保守分裂」も注目されたが、県議や国会議員の一部が支援した元審議官の江崎禎英氏(56)は及ばなかった
そればかりか、ご注進するとうるさがって、意見具申した側近を左遷したこともあるので、誰もご注進しなくなり、いまや『裸の王様』状態」との声も漏れてくる 正々堂々と戦っていく」 と、受けて立つ構えを見せた
改めて知事選の対応について無記名の投票が行われた そうした動きに、野田が反対したのだ
通産省(現 経産省)に入省後は、官僚の中の官僚を養成するといわれる超難関のフランス国立行政学院(ENA)に留学 古田さんは今回の選挙戦で、街頭演説や集会などに一切、参加しないことを決め、最終日までにその「公務優先」の姿勢を貫きました
当選を決めた古田氏は「大変難しい選挙で、いろんな経緯もあった しかしまだ最大の戦いが目の前に残っています」 「デジタルトランスフォーメーション、環境革命、SDGs、新たな地方分散の動き
実は今回、猫田は霞が関の官僚から新人を擁立し、現職を「下ろし」にかかっている 野田聖子が郵政民営化法案の採決で造反した時に、独自に県連公認として支援
かくして岐阜は、再び「戦国」となった この問題について途中で手を抜くわけにはいかない
33 8

古田肇さんは賢い知事と評判です。

それが自分の敗因だと思っている」(江崎禎英さん) 一方で、現職の古田さんを勝利に導いたのは、4期16年にわたる県政の実績に対する評価です。

現職の古田肇さんに新人3人が挑んだ選挙は、古田さんが38万8000票余りで5回目の当選。

一方、県連会長の野田…. 何としても県民の命を守る」 岐阜県知事として歴代最多となる5期目を目指して立候補すると表明した。

古田肇岐阜県知事は、 東京大学法学部から 通商産業省というエリートコースを歩んで きた凄い経歴があります。

自分で考えた政策がない• 悪評の内容は、「2期8年の間にまったく何も成果が残せておらず、やったのは昨年開催した『ぎふ清流国体』くらい」(県庁中堅幹部)といった政治手腕のなさが中心。

新型コロナ対策など、県民の生活に直結する課題はいくつもある。

知事選 (2017年12月24日 朝刊) 1月29日に投開票され、 古田肇知事が約49万3千票を得て4回目の当選を果たした。