やまゆり 園 植松 生い立ち。 証言でたどる被告の半生 やまゆり園事件、死刑の判決 [やまゆり園事件]:朝日新聞デジタル

開けられたパンドラの箱 月刊『創』編集部編 『創』 — 利根川越えて tonegawakoe その思想は以下に記します。

拘置所で新聞記事や本を読み、自分の考えを否定する人やメディアに対し、手紙を送り続けている。

相模原事件/横浜地検から捜査本部のある神奈川県警津久井署に戻った植松聖容疑者(左) 写真:時事 神奈川県相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で、この施設の元職員の植松聖(さとし)が施設入所者45人を殺傷し、そのうち19名が死亡した事件について、横浜地方裁判所は2020年3月16日に判決を下した。

大事件の犯罪者が英雄視される傾向はほかでもあり、海外では30年代にカで強盗や殺人など無法の限りを尽くしたボニーとクライドがダークヒーローとなり、のちに何度も映画化されているのは有名で、現代は多くの犯罪者をヒーローに祭り上げるサイトが存在。

12年夏、友人との飲み会で被告と同席した。

36 36
主張は正論だが実行の方法がマズかった 植松さんの言っていることは理にかなってはいますが、実行の方法がまずかったのですね 植松聖の母親の生い立ち〜現在を解説 引用: 植松聖の母親の名前は、 植松麻里とされています
娘の星子さんは、これまでことばを話したことはないという 「一緒の時間を楽しむということに、それでいいんだなと
勝田さんは重い障害のある子どもたちを支援する仕事につくことを決めた 怒りっぽい面もあった
殺人という行為は許せないものの、植松被告のことばが自分自身にも重なったと言います こうした宗教的真理を背景に障害者支援を行う一般社団法人「ユー・アー・エンゼル」では、重い知的障害を持つ小学生が字を書けるようになる、寝たきりの重度重複障害者と呼ばれる少年が、スイッチワープロを使って美しい詩を綴るなどの事例が報告されている
犯行中、植松が「こいつら、生きていてもしょうがない」とつぶやくこともあった 犯人はよくやったと思う」「植松はぶっちゃけ、障害者という税金食い潰すだけのやつらを殺処分した英雄」と、目も覆いたくなる発言があった
48