北極 都市伝説。 【ヒトガタ,ニンゲン】南極・北極に存在するといわれているUMAとは?

世の中に警告しろと言われ、飛行機に乗って帰る。

そしていくつかの動画では海底人がはっきりと映っている動画もありますがその真偽は不明・・・・。

地球の外側と球核、中心核は空気によって切り離されており、空洞部には生物が居住できるとハリーは述べています。

ルイ・ジャコリオは裁判官のほかにオカルティストとしての顔もあり、西洋オカルティズムの起源をインドに求めて研究を重ね、独自の成果を書物にしていました。

そこで、あくまで推測するしかありませんが、そのキーワードとしては恐らく、「利権」が挙げられるのではないでしょうか。

しかし、CO2やメタンの増加と地球温暖化の進行には、何らかの相関関係がある事は数多くのデータが示しているので、主要因なのだろうと推測しているだけの話です。

飛行途中霧が開けたら南極を飛んでいるのにも関わらず目の前に緑の山脈が広がっており、そこには動物などもいただとか。

温室効果による温暖化のモデル 地球温暖化の説明として現在、一般的なモデルを簡単に紹介します。

しかし、欧米やイスラム圏の人々にとって、自分がどの宗教(神)を信仰しているのかは、自分のアイデンティティを形成する非常に重大な要素になっています。

さらに悪天候で戦闘機が墜落し死者も出ているという。

12
1つ目は、地球温暖化はディープステートが自らの利益のために垂れ流す「嘘」とする説で、2つ目は、ディープステートが地球温暖化を進める真犯人だとする説です ヒトラーの骨は回収されているのだが、その骨も「女性の骨」だった
中深層 200~1000m• もしかした、その穴は南極大陸で見つかっている考古学的な証拠と関係があるのかもしれない 出現は夜が多いそうで、鯨と同じように水中から現れるらしい
北極圏という厳しい環境でも、そこで生活している人がいる まとめ 皆さんいかがでしょうか? 海の底にはまだまだ秘密とやらがいっぱいです
怖すぎます 南極が発見されたのは、1800年代の初めごろで、大きさはなんと日本の36倍
現在も、激しい突風を引き起こす六角形の嵐の雲などありますが、未だに謎は続いているようです エドモンド・ハレー(1656. 中国脅威論 地球温暖化に関する陰謀論として、中国脅威論を唱える人々もいます
氷の厚さは平均1000~2000メートルで、一番厚い所では4500メートル以上あります 大昔の大地震などで沈没してしまった都市の遺跡なのでしょうか? この遺跡は以前変わらず謎のままです
そのバード少佐が終戦後何回にもわたって南極を訪ね、都市跡の探索していたのである 厚い氷の下に何かがあると信じていたのだろう