アストロ フィツ ム。 サボテンの栽培

水やり 育成期が春から秋なので、初夏かから初秋にかけては土が乾いたらたっぷりと与えますが、真夏と真冬は育成が止まるので、この時期の水やりは控えます。

刺色は褐色~黒色。

ここまで来れば間違いなくランポー玉です 学名の原語の発音に忠実に表記するとアストロピュトゥム(ラテン語でもほぼ同音)である
: 兜丸(かぶとまる)メキシコ北東部およびアメリカ合衆国テキサス州南部• ) 現在、育種交配中 前回の植え替えから4年以上が経過していると思います
4 播種後 このページでは有星類の播種から小苗までを取り上げています やや、紅色がかったものもある
春~秋咲き 価格の決め手は星の数と大きさで、地肌が見え方が少ないものほど高価に扱われるようです
肥料をやると株の形が徒長してしまい、この品種独特の魅力であるまんじゅう型ではなくなってしまうからです 早いものは発芽から3年程度で開花してきますが、まだ株が小さいうちは開花や結実に耐えるだけの体力がない場合もあります
31

真冬に断水してしまうと球体の下部がへこんでしまうので、月に2回ほど暖かい日中に霧吹き(葉水)をします。

日差しが弱く多湿になってしまうと、棘座が茶色くなったり、後に根ぐされが起こりやすくなるので注意しましょう。

花は輝黄色、花径5~8cm、春~秋まで断続的に咲く。

何度か密閉した状態で受粉を試みましたが、結実せずに花が落ちたので、自家受粉するとしても、確率はかなり低いと思います。

調子のいい株は年に数回花を咲かせるので、複数株を持っているなら種の自家採取も難しくはないです。

ほとんどのガーデンストアで入手できる特別なサボテンミックスを使用できます。

つまり、良い系統ではない一般的なものです。

5 こちらも大体出揃って、黄緑色に変わってきた。

アストロフィツム属は 低温と多湿に弱いというのも大きな特徴のひとつです。

66