内閣 府 スーパー シティ。 大阪府/大阪府のスーパーシティに関する取組み

0の先行的な実現の場と定義されています。

スーパーシティとは? スーパーシティとは、昨年9月に施行された改正国家戦略特別区域法により創設された新たな国家戦略特区制度の一つです。

サイバー空間とフィジカル(現実)空間を高度に融合させたシステムで、経済発展と社会的課題の解決を両立する人間中心の社会。

また、10月には、「国家戦略特別区域基本方針」(以下、「基本方針」という。

「スマートシティでは、移動や物流などの分野ごとの取り組みを徐々に広げていく構想であったのに対し、スーパーシティでは最初から複数の分野を広くカバーし生活全般にまたがるという点と、大胆な規制改革を実施することが想定されているという点に違いがあります。

公募の概要. スーパーシティ構想は、大胆な規制改革などによって、世界に先駆けて未来の生活を先行実現する「まるごと未来都市」を目指すというものだ。

スマートシティは、ICT 等の新技術を活用しつつ、マネジメント 計画、整備、管理・運営等 の高度化により、都市や地域の抱える諸課題の解決を行い、また新たな価値を創出し続ける、持続可能な都市や地域であり、Society 5. KEYWORD: Society 5. この観点から、内閣府・総務省・経済産業省・国土交通省が合同でスマートシティに取り組む地方公共団体、公民連携の協議会等を支援するため、先行してスマートシティに取り組む地域における事例等を踏まえつつ、スマートシティの意義・必要性、導入効果、及びその進め方等について、ガイドブックとしてとりまとめました。

73
(参考) 令和3年 2月8日から 2月22日まで 〇大阪府市スーパーシティの取組に関する意見募集を行いました。 同社は、街に埋め込んだ多数のセンサーやカメラから様々なデータを収集・運用していました。 都市OSとは、様々なデータを分野横断的に収集・整理するデータ連携基盤のことです。 [注4]• 住民が参画し、住民目線でより良い未来社会を実現できるよう、ネットワークを最大限に利用することが重要です。 スマートパーキング:駐車場の空き状況をセンサーで検知・提供することで渋滞緩和を実現。
27
スマートシティは、内閣府、総務省、経済産業省、国土交通省などがそれぞれプロジェクトを推進している。 ・ うめきた2期 1日約250万人が行きかうメガステーション前に立地する「うめきた2期」ではみどり、IoT 、健康を融合した Parkness Challenge を実施します。 乗り込んで一息つくと、かかりつけ医からTV電話が。 内閣府のウェブサイトでは応募31団体によるそれぞれの提案内容が公開されている。 政府はスーパーシティ構想の実現に向けて、「スーパーシティ・オープンラボ」を立ち上げました。 このままでは高い技術を持っているのに国内にニーズがない、あるいは法的なハードルがある技術はどんどん海外に流出してしまうかもしれません。 基本コンセプト1「複数領域にまたがる社会『未来像』の先行実現」 まずは第四次産業革命後の未来、スーパーシティはどんな都市機能を有するべきなのか、明確なビジョン「未来像」を描くことが必要で、内閣府は以下の「10分野」をその構成要素としています。
10