クリス カイル。 脅迫を受けていた!?『アメリカン・スナイパー』感動の製作秘話

61

それは、自分にしか出来ないことなのだと、この時のクリスは考えていたのだ。

早川書房『アメリカン・スナイパー』(2015年) Kindle版 位置No. テレビのニュースでその悲惨な様子を見たクリスは、とてつもない衝撃を受けた。

犯行に及ぶ前に薬物とアルコールを摂取していたこともわかったそうです。

派遣が終了したクリスですが自宅で解離症状に苦しみます。

Citation: The President of the United States of America takes pleasure in presenting the Silver Star to Special Warfare Operator First Class SEAL Christopher Scott Kyle, United States Navy, for conspicuous gallantry and intrepidity in action against the enemy while serving as Lead Sniper while assigned to Naval Special Warfare Task Unit-RAMADI in direct support of Operation IRAQI FREEDOM from 24 April to 27 August 2006. 除隊して帰国したカイルは、戦地の記憶に苛まれて一般社会に馴染めない日々を送るうち、やがて医師の勧めで始めたたちとの交流を続けて少しずつ人間の心を取り戻していくが、ある日に退役軍人社会復帰プログラムの一貫として赴いた射撃訓練先で、同行者の男性に射殺されるのだった。

戦争が、一人の人間と、その家族に取り返しのつかない影響を与えるさまを克明に描き出した内容からは、これまで数多くの作品で、さまざまな形の「正義」について問い掛けてきたイーストウッド監督が明確に示した、強い反戦の意思が感じられる。

そんな中、タヤは第一子となる息子のコルトンを出産する。

父は聖職者だったがには肯定的で、息子であるクリスにも幼い時から銃を扱わせている。

彼が共に戦う多くの仲間を救うために愛用した特殊部隊用アサルトライフル「M4 マーク18モッド・ゼロ」を、劇中の雰囲気そのままに製作いたしました。

41