秋葉 剛男。 秋葉 剛男

:1984年• :2001年-2002年• :1967年-1969年• 昭和56年 外務公務員採用上級試験 合格 昭和57年 3月 東京大学法学部第二類卒業 昭和57年 4月 外務省入省 平成11年 8月 大臣官房総務課企画官 兼大臣官房(事務次官室)(~平成13年8月) 平成13年10月 総合外交政策局国連政策課長 平成14年 8月 条約局条約課長 平成16年 8月 国際法局国際法課長 平成18年 8月 アジア大洋州局中国課長 平成20年 7月 アジア大洋州局中国・モンゴル課長 平成20年 8月 在アメリカ合衆国日本国大使館 公使 平成24年 1月 大臣官房参事官兼北米局、アジア大洋州局 平成24年 9月 大臣官房審議官兼北米局、アジア大洋州局 平成26年 7月 国際法局長 平成27年10月 総合外交政策局長 平成28年 6月 外務審議官(政務) 平成30年 1月 外務事務次官 令和 3年 6月 退官 外務省顧問 令和 3年 7月 国家安全保障局長 兼 内閣特別顧問. まず、彼のお父さんの菅和三郎さんですけど、謎多き人物で、公開情報のほとんどがフェイクです。 中国には何も言えず、そして事務次官の手綱も引き締められないのか?• 1965-1967• 青瓦台の関係者は、「この問題に、より状況を悪化させるのは適切ではない」とし「今は対話局面に移らなければならない状況だ」と言いました。 :1999年-2001年• 安倍首相の評価も高く、次官起用は首相と菅義偉官房長官の意向という。 本省にいる40~50代のキャリア官僚にとって、これは脅威です。 その背景には、宗像直子首相秘書官('84年同)の存在があるという。
92
1948• :2008年-2010年• 安倍政権の失策は致命的でした 2002-2005• (17年大使)• (20年大使)• そこで人脈を作った
:1995年-1997年• 秋葉次官は、オバマ政権による核トマホーク退役や核の先制不使用に強硬に反対した「核廃絶の敵」であり、米国以上の核依存症 国際的に幅広い人脈を持つほか、中国との間で共通の利益を拡大し、関係発展を目指す「戦略的互恵関係」や、法の支配などに基づく「自由で開かれたインド太平洋」構想などの立案にも携わりました
後任の外務次官には森健良外務審議官(政務担当)が就く ゾルゲ事件の尾崎秀実や大川周明なんかもいましたので
1941• 権威主義体制の中国に厳しく向き合うため、〈日米同盟〉の真価が問われるのはこれからだ 1948• :2021年- 経済担当• 私には、それ以上の意味がありません
:1957年-1960年• 1946-1947• (17年大使)• 同年7月7日、国家安全保障局長 :1979年• 時事通信によると、カン大使はこの日 外務省を訪れ 秋葉次官と面会した
1939-1940• 彼らの祖先が渡日した時期も古く、ほとんどが豊臣秀吉の朝鮮出兵時に日本に連れられてきた人たちです 1919-1922• :1999年-2001年• 1997-1999• :1981年• 一方、菅総理は戦後日本に来た家系なのでかなり新参者です
こんな人物が被爆国の外交・安保政策の司令塔とはあり得ない💢 — 杉原こうじ(NAJAT・緑の党) kojiskojis 安倍政権の時代から首相動静によくでてきた戦後最長でもあった外務省の秋葉剛男事務次官 1965-1967• ただ、日本が戦争で負けたあとは、秋田で暮らし始めたんです
片上慶一経済外務審議官('80年)や上村司中東アフリカ局長('81年)は省外に出される見通しです」(外務省関係者) 経済産業省では当初、安倍首相の信頼の厚い菅原郁郎次官('81年、旧通産省)が続投すると思われていたが、ここにきて、嶋田隆通商政策局長('82年同)の昇格が急浮上している (19年・17年大使)• 2018年(平成30年)外務事務次官
外務省の秋葉剛男事務次官は16日、在職日数が1184日に達し、佐藤栄作政権で次官を務めた牛場信彦氏を超え戦後歴代1位となった :1981年• 全然そういう話をする雰囲気ではない」と述べた