キャンプ ケトル。 キャンプにおすすめのアウトドアケトルはこれ!長く使える相棒を厳選

キャンプケトル• ここではそれぞれに必要なケトルの特徴を考えたいと思います。 収納袋付きでクッカーとしても優秀なケトル• 5em;border:1px solid black;border-radius:. 鍋とは違って注ぎやすく、幅広いシーンで活躍できるアイテムです。 9Lとソロから2・3人のキャンプで使用できる点もおすすめのポイントとなっております。 パスタやラーメンなどの調理にも適していて、荷物を減らしたいソロキャンプにぴったり。 持ち手が長くてつかみやすく、炎から距離をとれるため熱くなりにくいのが特徴です。 容量:(約)1L• でも、このランタンは クラシカルな見た目で絶妙な味わい深さがありますよね。 25;color:white;text-shadow:0 0 3px rgba 0,0,0,. 渋さすらある存在感がなんともいえません。 このランタンのお気に入りポイントは、ずばり、その趣きです。 どちらも一長一短あるため、人数や用途、荷物の運搬方法も含めて、スタイルに合わせた選択が大切です。 carousel-content:nth-child 9 ,. 持ち手の部分が長く掴みやすいので、焚き火台やトライポッドと合わせて使用するのがおすすめです。
トランギアのアルコールバーナーは構造がシンプルなため、0.6Lサイズのケトルであっても、お湯を沸かす間安定して乗せられるとは限りません 2818円 税込• キャンプ用のケトルは一般的なやかんとは違って、 持ち運びやすい軽量さやコンパクトさがポイントです
細部までこだわりのある美しく丈夫なケトル• 銅や真鍮は機能だけではなく、経年変化による味わいが楽しめます キャンプ用クッカーセットに含まれているモデルはスタッキング(重ねて収納)にも便利で、コンパクトに持ち運ぶことができます
デザインは独特で、そそぎ口・ベイルハンドル・持ち手、全てがついている形状です このほか、一般的ではありませんが、容器の底にアルミプレートを備え、折りたたみできる携帯性に優れたシリコン製ケトルも存在します
そして、それほど傾けなくてもお湯が注げます ステンレス• キャンプなどのアウトドアでは、インスタントラーメンを作ったり、コーヒーを淹れたり、お湯を沸かす場面が多いですよね
ステンレス• ですが、持っていくと意外に重宝するのがケトルです グランマーコッパーケトルは、2007年から販売しているファイヤーサイドのロングセラーアイテムです
31
パッキングしやすいコンパクトなサイズと、3人分のお湯を沸かすことのできる絶妙なサイズ感が魅力。 焚き火のような直火にも使えて、火にあたる部分の変色にも趣きが感じられるため、アウトドアを愛する多くの人を魅了しています。 prevent-bg-text-style h3:not. やかんタイプ• 現在では、従来の一般的なやかんから、小型で持ち運びやすい薄型、パッキングのしやすい四角形など多彩なやかんがあります。 シンプルなだけに、まったく飽きることなく、もう かれこれ10年以上は使い続けていますね。 4761円 税込• 最後まで傾けても蓋が外れにくい軽量ケトル• キャンプケトルは家庭用のやかんのような使い勝手ですが、大きくかさばります。 出典: 縦長タイプは容量が大きく、一度にたくさんのお湯が必要なファミリーやグループキャンプでの使用におすすめの形です。 (現行品は取り外し可能) 値段も安価なので、ソロキャンプ を始めたい人にはもの凄くおすすめですよ。
45