進撃の巨人ネタバレ。 進撃の巨人のネタバレまとめ!最終回に繋がる「重要な伏線」を暴露

彼の宿す『進撃の巨人』は未来の継承者の記憶、つまり未来を知ることが可能でした。 後でこうするべきだったって言うのは簡単だけど、結果なんて誰にもわからない。 進撃の巨人139 話ネタバレ最新話の考察|ミカサの選択 大きな伏線になっていた、ミカサのいってらっしゃい。 が、 寸前のところでリヴァイはアルミンに注射を射ち、アルミンが超大型巨人の力を手にして蘇った。 その愛は二千年後の今も残り続け、始祖ユミルを苦しめていたのです。 (エレン・・・お前の名前だ) (エレン・・・お前は自由だ・・・) エレンの顔が巨人の顔へと変化しはじめます。 しかし、エレンは巨人化の力を自身のコントロール下に置き、次第に人類の切り札として活躍するようになります。 エレンは動き出した始祖ユミルを止め遂に「始祖の巨人」の真の力を手にします。 エレンの言う自由とは「巨人の力の呪縛」からの開放と言う意味とも考察される。
91

ジークは、全てのエルディア人が未来永劫子どもを作れない体にしろと、命じるよういいますが、エレンの願いは違いました。

今はジークの計画に賛同しているが、その真意は定かではない。

ここでジークの回想シーンになります。

すると、ジークの後ろに、クサヴァー、グリシャ、ポルコ、ポルコの兄のマルセル、それにユミルが姿を現します。

この日、人類は初めて巨人に勝利することなった。

無料期間は1ヶ月あり、登録後1,300ポイントもらえるので、 呪術廻戦3冊分を無料で読むことができます。

グリシャは始祖を食らい、王家の血を絶やすという未来は決まっているといい、巨人化のための血を流すためにメスを振り上げます。

81