わんわん パプリカ。 Yahoo! JAPAN

終盤でようやく粉川は彼の正体に気づく。 また、作品の上映間にはドリパス設立者のをホストとして、『パプリカ』で主役を担当した声優の林原めぐみが登壇してトークショーが行われた。 「 いないいないばぁ わんわんワンダーランド!」で中身が映ってしまうハプニングや、わんわんが放送事故発言をしてしまったりというのがありました。 タイトルデザイン:イナガキキヨシ• 常に冷静沈着で理知的なクールビューティーだが、彼女の別人格であるパプリカは天真爛漫で無邪気な少女のような姿をしている。 パプリカもこの現象によって千葉と完全に分離、1つの人格として現実世界に現れて千葉や粉川のサポートを始める。 粉川利美(こながわ としみ): 千葉(パプリカ)による治療を受けている刑事。 DCミニを使用し別人格パプリカの姿で患者の夢に潜り込み、悪夢の原因を探るなどの治療を行っている。 冒頭は紅白スーパーバイザーの三津谷さんが人形に扮して「ひょっこりひょうたん島」のメンバーやゲストと番組の主題歌を歌いました。 作品中の映画館のシーンでは『』『』『』など歴代今敏監督作品の看板が居並ぶ先、作中にて上映中の「夢見る子供たち」をパプリカ(千葉)が粉川に勧め、入場切符を購入した場面でスタッフロールに切り替わる。
37 60
わんわんも番組内では、今でも子供番組とは思えない発言をしてますしね 島寅太郎(しま とらたろう): 千葉らが所属する研究所の所長ならびにDCミニの開発担当責任者を務める、明朗快活な初老男性
音響監督:()• この現象を皮切りに夢と現実世界が入り交じる事態になる ある日、DCミニが研究所から盗まれてしまい、装置を悪用して他人の夢に強制介入し、悪夢を見せて精神崩壊を起こさせる事件が発生してしまう
」まで、たくさんのキャラクターや出演者が、紅白のステージに登場 」と尋ねたところ、快く了承された
粉川によって千葉は助け出されるが、助け出す際に銃撃を受けた小山内が現実世界でも死亡してしまう 氷室啓(ひむろ けい) 時田と共にDCミニの開発に携わっていた研究員
下半身不随のため車椅子で移動している このことをきっかけに時田は千葉の力を借りず、氷室を説得しようとDCミニを独断で利用する
一方、千葉もパプリカの手助けによって目を覚ました島とともにDCミニを使って氷室の夢に侵入する 天才である時田はDCミニを盗んだとされる氷室の行動が分からず、千葉に相談するも天才ゆえの人の命を軽視した言動に怒られてしまう
キャッチコピーの通り、この映画は夢を中心にストーリーが進んでおり、夢の中や心の中にいるもう1人の自分とどう向き合うのかを考えさせられるストーリー展開が話題を呼んだ DCミニが盗まれたと知ったときには時田の管理能力の低さに厳しい言葉を浴びせるが、彼の天才的な技術には絶大な信頼を寄せている
強面だが少し抜けている面もあり、コミカルで親しみやすい男性 効果助手:米原想(サウンドボックス)• 本作はアメリカでも公開されており、公開19週目には興収が87万ドル(当時の円換算(115. 最後には乾を丸ごと取り込むことで成人女性にまで成長し、この不可思議な現象を止めた
氷室にDCミニの悪用をやめるよう説得するが、すでに氷室もほかの人に夢を侵食されており、昏睡状態となっていることが判明する 当時のNHKの公式サイトでは、わんわん、うーたん、ゆきちゃんたちの出演時間は紅白当日の12月31日(月)時点でも発表にはなっていませんでした