日本 工業 大学 火災。 神宮外苑の火災死亡事故で問題の作品を製作した日本工業大学は業務上の過失が...

明治神宮外苑のイベント会場で2016年11月、展示物の木製ジャングルジムが燃えて男児=当時(5)=が死亡した火災で、内部に白熱灯を放置したなどとして重過失致死傷罪に問われた当時19歳の大学生だった男性(23)ら2人の初公判が19日、東京地裁(下津健司裁判長)であった。

主催者側についても、持ち込まれる機材の確認やスタッフによる見回りなどの安全管理態勢が不十分だったと結論付けた。

「物理・化学常識は持って当たり前。

投光器は大学備品で、もともと準備段階で夜間の設置作業のために持ち込んでいたという。

これをきっかけにデザインというものに対し偏見の目を向けられることになってしまったら、と考えると報われない気持ちになる。

(「マウンテンジム」には安全対策がしっかりとなされています) 規模は全く違いますが、木製の木枠をジャングルジムのように組み合わせ、ライトアップするという発想がかなり似通っているとしてパクリ疑惑が浮上しています。

心からおわび申し上げます」 田淵氏の、デザインの持つ力は人を幸せにする、という信条が強く感じられる。

火災原因は、暗くなったために作品内で点灯した投光器の白熱電球の熱により木くずが発火したと見られている。

また、父親とみられる男性が取り乱す様子も確認できます。

申し訳ございません。

日本工業大学作品火災事故 現場 発生日 (28年) 午後5時20分ごろ 原因 不適切な安全管理による失火 死者 1人 負傷者 2人 日本工業大学作品火災事故(にっぽんこうぎょうだいがくさくひんかさいじこ)は、(28年)午後5時15分ごろに発生した事故。

まだ5歳の男児が亡くなってしまったのだ。

nnnn330 2016年11月6日 ここにも日本の防衛問題と結びつくのかあ…… 結局私たちの意識が大きな問題だなと気づかされたよ。

大学の略称は日本工大、日工大、NIT。

元検察官の坂根義範弁護士は、「今回の事件では、業務上過失致死傷という刑事責任と、損害賠償を負う民事責任があり、これを分けて考えるべき」と述べ、出火原因がまだ確定していないが、現段階で指摘されている「白熱電球の発熱による木屑の発火」が原因であるという仮定の上で答えてくれた。

概要 [編集 ] 出火元は、工学部建築学科と生活環境デザイン学科の学生有志グループの出展作品『素の家』で、木枠をジャングルジム状に組み上げた構造の内部に、カンナ屑状に削られた木くずが飾り付けられていた。

消防法に照らし合わせて問題ないよう準備したというのも疑わしい部分が残る。