チカーノ ギャング。 メキシコ系VS黒人系 全米一危険な街で殺し合うギャングのヤバい飯|テレ東プラス

初期の構成員はロサンゼルス出身であったが、NFはすぐに、主として北カリフォルニアの村落出身の囚人たちを引き寄せるようになった。 ワウチン Wah Ching(華青) サンフランシスコで1960年に設立された中国系米国人のギャングです。 当然多くの青少年が自衛グループを結成、一部がギャングへと横滑りすることになる。 彼はラ・エメの悪名高い白人のゴッド・ファーザーで、彼はそれによって、「公式な」メキシコ系ではなかったにもかかわらず、エメの組織全体の最高位のボスに上り詰めた。 <本編未収録映像DVD> 映画の本編に収録しきれなかった多くのインタビューや削除シーンを収録したDVDをお送りします。 経緯は釣崎さんから初め「チカーノに興味ない?」と言われ、それから出版社の東京キララ社の方を紹介されました。 メンバーは主にドミニカ系アメリカ人で構成されており、世界中で3万人近いメンバーがいるとされています。 しかし「アジア系ギャング」という概念は間違いなくあるので、このアジア系ギャングというあいまいなものについて線と線をつなげて全体像を描くことは困難でも、一応点だけは明確にし、簡単におさらいしておきたいというのが本文の趣旨である。 この映画はが監督兼主役を務めることで制作された。
「あっ、これはクーティー プロダクションズで見たことある!」となっていただければ嬉しいです。 Menace of Destruction 1988年にカリフォルニア州フレズノ郡で設立されたモン族(ビルマの少数民族)を中心としたギャングです。 南アジア系といえばほとんどがインド人だが、アメリカ暗黒街ではまずその姿を見ることはない。 いやあ、なんかトラブルをは呼んじゃうんですよね。 現場はセッティングされてないので、 どう作っていこうか考えますが、作りこみ過ぎるとその人たちが映ってないから難しいんですが。 今回は、第2回「全米一危険な街で殺し合う極悪ギャング双方のアジトに潜入!」(2017年10月10日放送)をお届け。 ・21世紀 ・一段落したアジア系ギャング 2000~10年代のアメリカ暗黒街は、老いた巨人であるマフィアが停滞、かつては若き新星であった黒人ギャングたちも燃え尽き、国境の南のカルテルの尖兵として目立つようになったラテン系ギャングも伸び悩むことによって、いわば秋の時代となった。 ブラック・ゲリラ・ファミリー Black Guerilla Family 1966年にアメリカ合衆国カリフォルニア州のサン・クエンティン州立刑務所で設立されたギャングで、主にアフリカ系アメリカ人で構成されています。 そこには男気があり、人情があり、勝負する男としてのプライドが存在する。 でも、夜になるとみんなだらしなくなっていったりとかして。
42