宮城 県 沖 地震。 “今後M7クラスの地震も 揺れや津波に備えを” 政府地震調査委

その要因として次のことが考えられます。

・はラジオで特別番組を編成し、安否情報を放送した。

(1933年)• 地震の詳細は下記参照。

日本地震学会• 脚注 [ ] [] 2021年7月13日閲覧。

大船渡24cm• 4の地震が発生した。

はこの地震を「 1978年宮城県沖地震」と命名した。

68

外部リンク [ ]• 宮城県内で直接生産活動に利用されるもの• も揺れを感じた。

また、ラジオでは、毎日夕方17時14分になると「1978年6月12日、宮城県沖地震が発生した時間」であることが冒頭でアナウンスされる地震防災番組が放送されている。

建物の全半壊7400戸• 津波注意報は解除しましたが、今後も若干の海面変動がある可能性がありますので、海岸に近づかないでください。

深発地震による異常震域とは? アメリカ地質調査所の解析によるマグニチュード6以上の地震は5回発生しています。

沿岸部周辺での震源域&大規模地震(M7.2)だったことを考えれば、普通はもっと大きな被害が生じてもおかしくはないのですが、幸いにも人的被害はほぼ無し(数人のケガ程度)でした。

が発生する 2日前の 2011年3月9日,この付近で M7. 但し、想定されていたアスペリティの一部のみを破壊しただけで、滑り残しが有るとされていた。

一方、2011年3月11日に発生したはを震源とするものの、北は岩手県沖から南は茨城県沖まで広範囲の震源域におけるとなっており、や国のも「想定される宮城県沖地震も同時に発生した」との見解を示している。

各地の震度 [ ] 震度4以上の揺れを観測した地点は以下の通り。

2前後 他の震源域と連動() 1835年7月20日 前の地震から42. 波形の図の見かたについては、をご覧下さい。

現在の科学的知見の範囲で、発生し得る超巨大地震などを評価し直した。

77
最も大きなものは5日 月 20時44分に発生したマグニチュード4. 1年の間隔で 複数回起きたの一つである。 。 M7級の地震は、過去に観測された津波は高さ数十センチ程度が多い。 6月12日は宮城県では「県民防災の日」とされ、地震に備えたがなされる。 の際にあまり大きくずれ動かなかった、深い領域が動いたとされる。