銚子 伊達巻。 まるでプリン!銚子市名物の伊達巻を通販して見ました♪千葉県銚子市三軒町「あづま寿司」

80 37
表面を確認しながら釜の火加減を調整し、じっくりと焼き上げる。 棚いっぱいの生醤油やら出汁醤油やら。 銚子の伊達巻は「漁夫のプリン」 千葉県の果て、太平洋に突き出た岬である銚子は、全国屈指の漁港を抱える漁師の街。 「ワケ」は角欠けのコトなのかな。 肉でもないし魚介でもない旨味のない糊のような餡だったんで・・・。 それもその筈、他店の伊達巻と工程が違い、まず焼く釜を3時間程温めて、そこにあらかじめ湯銭をした調味タレと卵を合わせ、独特の焼き方で一時間掛けてじっくり焼くそうだ。
81