忌憚 なく。 「忌憚なく」は英語で何という?

会話やスピーチで使用したい場合は、正確な読み方がわからないと、適切に使用できない危険性があります。

「気にせず」は主に他人から謝罪されたときに使う言葉です。

粗品、拙宅など。

なお、「どうぞご遠慮なく」といった形で文末に使えば、よりカジュアルな雰囲気で「遠慮する必要はありません」という意味を伝えられます。

美化語 お酒。

忌憚なくの類義語 「忌憚なく」の類義語としては「遠慮なく」「率直に」「気兼ねなく」などがあげられます。

結論から申し上げると、「忌憚なく」は「きたんなく」と読むのが、正しい読み方だとされています。

『straightforward』で「真っ直ぐな、正直な、率直な」という意味です。

率直な意見を求めるときや、遠慮のない意見を述べる際などに用いられる表現です。

59
・「~られる」「~なさる」 飛行機に乗られる その場所は、「 (ご)忌憚なくお申し付けください」という表現がよく使われます
そこには、オープンで、自由闊達な意見が求められていることは間違いありません 「忌憚なく」は副詞的に使います
気軽に 「気楽」は、 「苦労や心配がなく、のんびりしているさま」「物事にこだわらないこと」「頓着しないこと」「呑気」という意味になります 似ているようで少しニュアンスの違いがありますね
<友人との会話> ・ 私の目指す進路について、君の忌憚のない意見を聞かせて欲しい 間違いではありませんが、ビジネスシーンでは「率直」と表記する方が良いでしょう
忌憚というのは、嫌い、嫌がっている、その結果として遠慮をしているということを意味していますが、遠慮というのは、自分から気を使って控えたり、引き下がったりすることです 使い方と類語表現 忌憚という単語は使い方がやや特殊です
謙譲語と丁寧語については、さらに分けて、5種類に分類する指針が文化庁から出されています 他にも訪問先でお茶を出されたときに、「そこまでしなくて大丈夫ですよ」という意味を込めて、「お気になさらないで下さい」と言うことができます
相手に遠慮しないで、言いにくいことも言うような率直な意見ということです 目上の人に対してはより丁寧に、「忌憚なくご意見をお聞かせいただければ幸いです」「ご気分を害されるかもしれませんが、忌憚なく申し上げます」といった形で使います
さらに、自身の気持ちについても相手の気持ちについても使えます 「忌憚」とは全く違う意味になるので、変換ミスなどには気をつけてくださいね
メールやSNSなどによる情報交換が多くなった現在、敬語を完璧に使いこなすことができる人が減ってきています 「忌憚のない」は「遠慮のない」ということになります
<一人称、二人称の敬語> ・あなたの尊敬語 貴殿、貴女など ・私の謙譲語 小生、下名など メールやSNSなどによる情報交換が多くなった現在、敬語を完璧に使いこなすことができる人が減ってきています
17