自転車 防犯 登録。 ネットで購入した自転車の防犯登録のやり方と必要なもの

盗難された自転車が防犯登録されないようにするため、自転車屋では、購入した際の販売証明、もしくは譲渡による譲渡証が無ければ防犯登録は出来ないようになっています 再登録は、自転車を取り扱っている店舗なら何処でも出来ますが、中には、他の店で買った自転車は対応してくれないケースもあるようです
そのため自転車と一緒に、防犯登録カードなどの書類も受け取って下さい 警察の関連団体からシールと書類を購入した自転車店は、自転車が売れたらこの代金を登録料としてお客さんから徴収します
住所変更(県内) 防犯登録番号はそのままで、住所や電話番号のみの変更 自転車を自分の所持品にするための切り札のような書類が譲渡証明書なので、忘れずに書いてもらいましょう
・自転車本体 ・自転車の所有者であることが証明できる書類 ・身分証明書 ・登録料金 自転車本体 防犯登録をする際には、自転車に刻印されている「車体番号」を確認する必要があります 勿論、義務であるし、それに実際に役に立つこともあるので登録は必要です
自分の名義のまま人に使われて、面倒なことに巻き込まれるケースを避ける為です 免許証• 自転車の防犯登録は義務 なんとなく適当に自転車を購入したら、防犯登録も特に勧められず、登録しないまま自転車に乗っているという人も多く存在します
典型的な例だと、自分の住んでいる近所で、自転車を販売している自転車屋・ホームセンター・スーパーなどを探します トラブルにも仲介• まず、防犯登録の変更と抹消は以下のような場合に必要になります
8
防犯登録協会が防犯登録番号と車体番号から元の持ち主を割り出し、元の持ち主の了承を得てから処分するという形になります 安心保証制度• 被害にあった当人が待ち合わせ場所に出向くことができない場合には、代理人に自転車防犯登録甲カードを預け、「 被害日時・被害にあった詳しい場所・自転車を購入した日時・自転車の値段・メーカー・色・記名の有無・施錠の有無」などを記したメモも持参させましょう
前項でも照会しましたが、防犯登録は必ずしも自分の住んでいる県でする必要はありませんから、防犯登録を行ってくれる通販サイトでしたらついでにお願いしてしまったほうが面倒なく済ませることが出来ます それは「防犯」とうたいながらその役割が全く果たせていない点です
自転車の登録方法でよくある質問 自転車を防犯登録しておけば、盗まれても対処しやすくなります 手数料(都道府県によってまちまち<概ね200円〜250円、大阪府は無料>) 変更手続きをする場所 以下のいずれかの場所で行います
防犯登録がされていない自転車の場合には、自分で防犯登録をする事が出来ます まず、抹消手続きの対象となる 自転車と防犯登録カードの控えは欠かせません
もし防犯登録カードの控えが見つからない場合は、保証書や領収証などでも良いです 手数料(都道府県による200円〜250円程度<大阪府は無料>) 手続きをする場所 下のいずれかの場所
警察官と待地合わせの時間を確認し、現場に向かいましょう でも国は責任を持って法の精査と改善をしなければなりません
なお、盗難車を防犯登録しないよう、自店購入の方のみに向けて防犯登録を行うお店もあるため、事前に確認しておくと安心です また、「警察の職質」の面が一番のデメリットと言えるかもしれません
〈登録料〉 福岡県は自転車1台につき600円(非課税)です 変更するなら、新規登録という形になるので、登録番号も別のものになります
(これは盗難車でない証明になります 盗難被害にあった場所で、管轄の警察署に電話をしましょう