👋末期 癌 完全 放置 ブログ。 癌を治すためにガン治療を正しく知る~末期癌克服への懸け橋

・死前喘鳴(咽頭部のゴロゴロ音)が聴取される。 それを一緒くたにして、<がん放置療法>を勧めるのは、甚だおかしい。 とくに若い人の進行は早いというからとにかく焦った。 そんな父が突然私に手紙を書いてきたのである。 だるさの症状が極度に辛い時は、眠るしか症状を消す方法がなく、 鎮静を選ぶ場合もあります。 がんからの劇的な寛解は、当然のことながらほとんどの場合、現代医療では打つ手がなくなった患者に起きています。 最後の最後まで体重や筋肉は減り続けます。 この事実にわたしは驚きました。 ところが同じ病状の患者さんでも、医師に2、3年は大丈夫と言われると力が湧いてきます。

これは本来、私たちの体に備わっている自然な免疫システムという意味から「自然免疫」と呼ばれています。

笑 この出来事を通じて学んだことは、人間大病を患ったからと言って、人間性が急に変化したり上昇したりはしない、「人は人、自分は自分」という確信です。

臨床免疫学会会員、放射線研究学会会員、自然免疫学会会員。

がんブログのカテゴリでは名称別に闘病記ブログをまとめてあるので、是非、参考にして 末期がんを克服したという方がいたのでその方のブログを読んだのですが、やはりストレスがかなり大きな要因のようです。

ケリー・ターナーの『ガンが自然に治る生き方』に記述されているような事例を非科学的と真っ向から否定するOncologist(代替療法を全否定する人たち)の姿勢には疑問を感じます。

「骨転移」を調べると、真っ先に「痛みの管理」について書かれていて、【骨転移=激痛】というものらしいのですが、骨転移が無数の私は、「激痛」と無縁で生きてきました。

しかし、体のタンパク質を排出することになり、体力を奪います。

これらの苦痛症状がステロイド投与でも、あまり改善しなくなる。

次は です。

せん妄・混乱の頻度も高くなる。

69