イチゴ の 苗。 イチゴ(苗)|野菜の育て方|野菜・花の育て方|アースガーデン ~園芸用品~|アース製薬株式会社

次の章で解説致します。

鉢・プランター栽培の場合 イチゴを栽培する鉢やプランターは、通気性に優れた素焼きのものが適しています。

水やりのしすぎなど、多湿にならないようにするほか、日当たりや風通しをよくして防ぎましょう。

鉢・プランター栽培の場合 プランターや鉢植えでイチゴを栽培する場合は、市販の野菜用培養土やイチゴ栽培用の土を使います。

は全国各地のいちご生産者様に導入していただいており「生育促進」「休眠防止」「収量確保」という点でご好評いただいております。

今回は今年栽培した親株から来年用の子苗を取る方法についてご紹介してきました。

この後ポット上げでは育苗ポットに移植しますが、山上げの場合では育苗ポットに移植せず育苗ベットで子苗を生育させます。

10

イチゴ苗の増やし方は農家によってそれぞれ異なります。

また、ランナー切り離し後の管理が悪いと発根が進まず枯らしてしまうリスクが高まります。

そのための方法をご紹介します。

葉が黄色く変色していたり、チリチリしていたり、白や茶色の斑点があったりするものは、病気や害虫の可能性があり、植えてもうまく育たない場合があります。

ポット苗は多少なりとも根鉢が形成されて いるから根痛みが少なく定植後の「しおれ」が目立たない。

構成と文・磯野亜希子. 苗を植えたらたっぷりと水をあげること。

<徒長対策> ポット間隔が狭く繁茂になると受光量が少なくなり葉柄が伸びてしまい徒長の原因にもなってしまいます。

ランナーが伸長するまでに子苗用の育苗ベットをつくります。

子苗の下に培養土を充填した育苗ポットを置いて、加えて子苗が倒れないようにピンで固定します。

61 53