レコア ロンド。 【機動戦士Zガンダム】レコア・ロンドさん、まさかの裏切り【悲報】

劇場版では、最期に「男達って、戦いばかりで、女を道具にしか使えないんだから」との台詞を残す。

宮崎駿作品(宮崎アニメ)の分析、評論です。

仕事を行う上で、女性は、 女を武器にするか男と張り合うかの二択であるかような錯覚を持っている人は少なくないようですが、女性らしくありつつ男性と敵対もせず、しなやかに自分の居場所を確立させている方もいます。

搭乗機体はメタス、ゲルググ、メッサーラ、パラス・アテネなど多岐にわたるが、どの機体にもそつなく順応しており、基礎対応能力の高さを示している。

パイロットとしての能力もとても高く、自ら開発したニュータイプ専用機でファンネルの挙動すら予測し、これを完全に封じている。

後発の版においては、最後の裏切りも『に抵抗のを射殺させたら、彼は一生後悔することになると考えた末の』という、較的好意的な解釈がなされ、との和解も描かれている。

それは、決してジャブローのことだけではなくて、少女時代からの全てを、シロッコなら癒してくれるかもしれないと思ったのでしょう。

次回、機動戦士Zガンダム「宇宙の渦」。

次回、機動戦士Zガンダム「ロザミアの中で」。

「ああっ!? カミーユ、今、あ貴男、自分が何をしたか分かってるの?」. さて、拷問というとさぞかしレコアはショックかと思いきや、レコアは結構平然としてるようにも見えます。

新連載を応援するために作成したはずだったが・・• 圧倒的不利な状況の筈なのに、タメに持ち込むどころかむしろ相手を圧倒するハマーンの ニュータイプ能力は普通じゃない。

まあ結局、この二人がそれ以上やりあうことはなく、カミーユの意思はその後のジュドーに 受け継がれることになるわけだが。

どこまでも幸せから遠ざかってしまうレコア。

レコアの「弱さ」や「人殺しへの嫌悪」は、それまでのアニメや漫画で描かれていたような「ヒーロー的な もしくは完全に悪役じみた 軍人像」を打ち壊す「ガンダム的リアリティ」の一つであったとも言えるだろう。

作中でカミーユは「男の戦場にこんなにまで女性が前に出てくることは異常だ」と発言している 23話 が、しかし時代はすでに「男の戦場」を男にも、そして女にも許さなくなってきているのかもしれない。

もっともシャアの場合は、 と性能の差が広がり過ぎていたのが、有利であった理由と言えなくも無い。

なんだ、ハマーン様ってば、やっぱ本当はシャアのこと大好きなんじゃん。

30