うずい てん げん。 【コトダマン】宇髄天元(うずいてんげん)|評価・性能まとめ

派手なんだよ腹立つ。

炭治郎が宇髄の方へ視線をやると宇髄は左手を斬り落とされて倒れていた。

1倍にアップするので、 ダメージソースとして優秀です。

ですが、任務が終わると末っ子っぽさが爆発です。

使用する『音の呼吸』は、斬撃時に爆薬を使って爆発を引き起こす。

劇中で天元が 「俺は神だ!!」 といっているのもあながち間違いではないのかもしれません……。

担当教科は ですが登場しているキャラクターである、鬼になっていそうな素質があるからといって宇随弟が鬼になっている可能性は低いと考えています
時間がかかるが、完成すれば敵の行動や隙を先読みすることができる そこを炭治郎たちに見つかって大きく顰蹙を買う
さらには歩く度に揺れて音を立てるような装飾を全身に身に着けているにも関わらず、炭治郎達では声をかけられるまで接近に気付く事すらできず、堕姫にもその接近はおろか、自身の頸が斬られている事にすら気付かせない程の隠密性も持つ 外部出演 光属性・英雄族のコラボユニットとして登場
宇髄はそんな炭治郎を励ますかのように「勝つぜ!俺たち鬼殺隊は!」とハッパをかけた 妓夫太郎は恐ろしく速く、炭治郎は宇髄に守られてしまう
特に妻のことが知れた時の反応は凄まじく「三人!?嫁…さ…三!?テメッ…テメェ!!なんで嫁三人もいんだよざっけんなよ!!」と言われ、鉄拳制裁を下した 実際、天元の「譜面」を完成させる戦い方は神憑っていました
21 35