サンスベリア 植え 替え。 初心者必見!サンセベリアの植え替え時期と水やりのコツとは?

地下茎や根はきちんと土の中に埋めて植え付けましょう 水を与え終わった後、水しろに溜まった水がひく速度を確認して下さい
特徴である鋭く尖った葉には、風水では邪気を払ってくれる 浄化の作用があると言われています 5px 246px;-webkit-background-size:280. 14s ease-in-out;transition:background-color. 次に鉢の底に小石を敷き詰めます
フニャフニャになったのは、必要とする時に与えなかったり、必要もない 時に与えたり、また基本通りの水遣りをしなかったため、根が通常よりも 痛んでしまい弱弱しくなっていたからです その後はしっかり土が乾くまで水やりはせず明るい日陰に置いて養生します
根や土を軽くほぐす まとめ 植え替えは2〜3日後、葉の水差しは2〜3時間後
赤玉土(小粒)5:腐葉土4:川砂1の割合で混ぜた土を使用するか、観葉植物の培養土を使用します 目安としては、現在植えてある鉢の直径より3cmほと大きい直径の物を選びましょう
観葉植物用の鉢であれば、規格が決まっているので寸であれ号であれ数字が一つ大きくなるごとに、3cmずつ大きくなっていくので、例えば現在使っている鉢が1寸(1号)であれば、2寸(2号)鉢に植え替えます こちらは葉幅が太く、他のサンセベリアの品種同様、新芽は横に出して増えて行きますが、高さが30㎝より長く伸びることはありません
それぞれに葉がつくように地下茎 土の中にある太い茎 で切り分ける つまり自生つでは夏場は 雨が少ないのですから、夏場は土が完全に乾いたら与えるようにします
代表種は、ホームセンターや100円ショップ等で、割りと安価で購入可能ですが、希少種となるとそれ自体中々手に入りにくく、価格も高いものが多いです 土選び 次に重要になってくるのが、鉢に入れる土です
58
葉水はこまめにを与える 植え替え直後は、水が吸えない状態で根腐れしやすくなっています。 ふやし方 株分けと葉挿しでふやすことができます。 水やりのコツ 成長期である5月~10月頃までは土が乾いたらたっぷりと水をやります。 鉢土が乾いているからと言って、その事を知らない人が可哀想だと 思って水遣りをしたら、その時点で腐敗が始まって枯れてしまいます。 屋外の場合はなくてもいいです。 土を入れる量ですが、水を与えた場合上に溜まる余白が必要になりますから、鉢いっぱいに土を入れるのではなく、7号鉢~10号鉢で鉢の縁から3~4cm下を目安に土を入れて下さい。
83